BLOG

CATEGORY

ARCHIVE

2009年7月 3日 14:11
お遊戯会
R0012330.JPGのサムネール画像

そら豆の匂いがした
電車のつり革につかまる僕が、
そら豆だった今日
お風呂に入りたくなった
銭湯があいてない、
空が何て事ない薄めのボーンブラックタイム
隣のサラリーマンは紙粘土の匂い
慌てないで顔の一部が活字を欲しがったから
本を読む事にして家を追い掛けた
いつも家は追い掛けられているな
とか思いながら28日を思い出した
個展の最終日でしたね、ええそうね
"じぃとぺ"のライヴが華やかさうで
たのしかったね「お目々で魅れぬと舞を知る」mograg
朝かられいちゃん迎えに行かれた僕
どこにいるの?、庭観てるねん
あらやっぱりあなたは庭師だねぇ
夕方まで僕のファミリアmogragにつどう事あって
すっかり馴染んでギャラリーの二階でお茶ずるずるさせておる始末
着地したあいじもファミリアに帽子1こ2こ3こ4こお披露目
兄貴が1こ赤ご購入
ぽつりぽつり人が増えて
ありがとうございます幸せが足の先辺りで火照ってる
作品達をよそにちょっとばかしの練習じぃとぺさん

さて会場はボーンブラックの外とお揃いで暗くなり
ライヴが始まる
れいちゃんのムビラソロが人々の声音をフェードアウトさせていく
ギターを担いだ僕がステージソファに立った
あいじがピアニカを抱いた
音楽というものは心を癒したり踊らせたり哀しませたりなんか?
僕らのそれは粘らせるて表現がしっくりね
粘っこい空気がこの空間にゆらゆら広がるねん、ね
今日は特にガムみたいやわぁから完全に粘ってたね
僕の判断で失敗した演奏も失敗と誰も気付かんのな
あっ、てのでバレた?り
中盤はかんぺき即興「転がったぁ転がった。石転がった、知らんかったわぁ」
が何回も発語にムビラとリコーダーとマリンバがバレエしてたよね
空気に慣れてきたお客様がたがた手形が床にいっぱい
オレンジの光は僕らを最終形態にテイクアウトさっさっさ
「はちの研究」が無事終わり「小さな話」で、ん、ちゃんちゃん
確かに"じぃとぺ"のよなバンドはあんまりいないかもねて
お客様はステージに向ける顔がゆうてたけどおらんかなぁ
くる声くる声くるくる声が、やられたよ、と僕を少し火照らせよる
やりたいようにやっています、なもので見たい見方で見てくれる
それがよい、ほんとによいのです
学校の昼休みの体育館のちょっとした学芸会みたい
音楽バンドじゃなくてお遊戯会バンドでしょうか
思わせぶりのファンタジスタ
よかた たのしかた

やほー、えーなんでいるの?て人みれたり
おおー久しぶりですて人みれたり
いつもの顔みれたりを
明るい明かりがパッと。
さっきまでプラバンみたいにきゅーと縮んでたみんなやから
わかめが戻ったようにお酒を嗜み足しなみなみコップ
わぁーたのしい
だけど人ごちゃごちゃでしゃべれなかった人にごめんと言いたい
そしてありがとうございました
その先に見えてくるのは朝日が差した窓でした

PAGE TOP